履歴書やエントリーシートの箔付け目的なら無意味

インターンシップに参加したことを履歴書やエントリーシートに書いたからといって、それが即、就職活動で有利に働くことはありません。

有名な大企業でインターンシップを経験したことを面接で話せば、面接官は興味を持つかもしれませんが、彼らが知りたいのは参加の有無ではなく、「インターンシップでどんな体験をし、自分の成長にどうつなげたのか?」ということです。

周りがやっているからなんとなく参加した人は、そのあたりを深く突っ込まれると言葉に詰まってしまうでしょう。「箔をつけるために参加しただけなんだな」と面接官に思われるくらいなら、インターンシップに参加したことなど言わないほうがよいでしょう。

職場を体験するというなかなか得られない経験をするわけですから、その中でどれだけ多くのことを吸収し、そこから自分の将来を見据えたかが、重要です。

つまり、参加経験を活かせば、将来の職業を考えるヒント、自己アピールのポイントがたくさん見えてきますが、何となく参加しただけでは、何の役にも立ちません。

何でもそうですが、「役立つものにする」という意思を持って参加することが、成果に結びつくわけです。